育休手当がずるいと言う人は育児を「休暇」だと思ってませんか?

子育て
スポンサーリンク

2歳差育児を頑張っています!ももです。

現在私は育休中です。(保育園次第ですが)もうすぐ会社に復帰の予定。

復帰までの間は育休手当で生活しています。

Twitterやネットニュースで「育休手当ってずるい」「働かないのに給料が出ているのはおかしい」というの言葉を見かけるたびにモヤモヤしていました。

本日は育休手当についての思いを語らせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

私のずるい育休手当履歴

私は第一子を妊娠し、産休・育休を取得。

その後、娘が1歳の時に保育園申し込むも落選。育休が延長になりました。

もも
もも

ちょうどこのころ、育休手当制度の期間が2年に延長されたのです。

早速、保育園の落選通知と延長申請用紙を会社に提出。

受理されたので育休手当もそのまま継続して受け取ることができました。

そしてその後、娘が1歳半になった時に第二子を妊娠が判明。

一人目の育休中に二人目を授かったため、復帰はせずにそのまま産休に入ることになりました。

結果、私は約3年以上も産休・育児休手当を途切れずに受給していることになります。

もも
もも

本当にありがたいことですが、後ろめたさはものすごくありました。

育休手当延長についてのバッシング

育休手当が2年に延長されたことで、問題になったのは「落選目的」の保育園申し込みでした。

あえて入園ができなさそうな保育園に申請を出し、落選したことで育休手当を延長しようとするものです。

もも
もも

「私も絶対そう思われてる」と感じて家族以外の人に育休手当を延長したことは隠していました。

そうすると盛り上がるのは「育休手当はずるい」という考え方です。

職場復帰するのが嫌で延長狙いで申請をするなんて信じられない

みっともないことをして親失格

などかなり過激な意見も目にすることがありました。

確かに、本当に職場復帰したくて申し込んでいる方から大迷惑な話ですよね。

落選目的で申請したとしても、それが通ってしまった場合。

本当に入園を希望していた人が落選してしまう可能性があるわけです。

もも
もも

ですが…。

私は落選目的ではなかったけれど職場復帰に意欲的というわけでもありませんでした。

純粋に我が子と一緒に過ごす時間が減ってしまうのは寂しかったですし…

キャリアを築きあげたいという野心も(もともと)持っていませんでした。

そして次第に別の考え方になったのです。

もも
もも

たった2年の間、経済的な補助を受けながら子育てに専念するのはそんなに悪いことなのかな?

待機児童問題や保育園不足、保育士不足問題がニュースを騒がせている世の中。

「2年間自宅保育」という選択肢があってもいいんじゃないかなぁと思うのです。

スポンサーリンク

育休手当は育児休暇手当じゃない

育休手当=ずるいという感覚は、育児が「休暇」だと思われていることが大きいように感じます。

  • 毎日、満員電車に揺られて出勤しているのにずっと家に居られていいなぁ。
  • 仕事が忙しくて手一杯なのに、家の中のことだけやってればいいのは楽だな。
  • ずっと子供と遊んでいればいいんでしょ?ずるいなぁ。

私自身、自分が妊娠するまでは同じような気持ちでいました。

もしも当時の私が「育休延長する」と聞いていたらやっぱり「ずるい」と感じていたと思います。

もも
もも

ですが、自分が妊娠・出産をしてみて100%気持ちが変わりました。

  • 朝起きてから寝るまで自分の時間はない
  • 無理難題をふっかけてくる子どもの相手を365日する
  • そういえばゆっくり食事をしたのはいつだろう?
  • 予防接種?定期健診?え?自分で管理するの?
  • 熱出した!感染した!でも育児に休みはない
  • 手当額は給料より低いのに出費は倍になる恐怖

産前の子育てのイメージはベビーカーでお散歩して子どもと一緒にお茶をして。

楽しく公園をお散歩して、ショッピングモールでお洋服を買ってあげて…

もも
もも

なんてとんでもない夢物語を描いていました。

現実はとんでもない!

収入は激減し家計はカツカツ。自分がいくら体調が悪くても育児に休暇は1日もありませんでした。

育休は正しくは「育児休業」

「休暇」という文字のおかげで誤解されまくっている。

スポンサーリンク

育休手当は給料ではない

育休手当はよく「給料」と思われていますが実際は違います。

加入している保険組合から支払われているので会社の負担ではありません。

  • 公務員⇒共済組合
  • 民間企業⇒雇用保険

自営業の場合は上記に加入がないので育休手当はもらえません。

この保険は雇用されている人は加入必須であり、必ず保険料を納めています。

もも
もも

保険料は毎月の給料から天引きされていますよね。

つまり…。

入社してから妊娠・出産するまで自分自身が積み立てていたものでもあるのです。

そして復職した後はこれから子育てが始まる「誰か」のためにまた保険料を納めていくのです。

もも
もも

それなのに…なんでずるいんだろう??

働いている人の権利ではないのかな…?

「俺たちが働いた給料の一部を分けてやってる」

「税金の無駄使い」

などの批判もありましたがこれは全くの間違いです。

スポンサーリンク

育休取得後に退職するのは選択の自由

おそらく多くの人は保育園(もしくは幼稚園)に入園が決まれば職場復帰をすることでしょう。

もも
もも

私もその予定です。

ですが中には育休終了後にそのまま退職を選ぶ人もいます。

理由はもちろん個人により様々ですが、中には手当をもらっておいて復帰しないのは「ずるい」という考え方があります。

繰り返しになりますが、育休手当は雇用保険で自分自身が積み立てていたものでもあります。

そして…退職後は一切の補助がなくなるのです。

あえてその道を選択する方に対して私は「ずるい」とは思えませんでした。

もも
もも

正直会社に戻って仕事をして生計を立てるよりパートや専業主婦になって家庭を支える方がはるかに大変では?と感じます。

(もちろん復帰してワーママになるのも大変だろうなぁ)

育休の間、子育てに専念して出した結論なのであれば、それは選択の自由なのではないかなと思います。

スポンサーリンク

育休手当がずるいと感じない社会になったら

もしもこれから育休手当の制度が進化するのならば…

もも
もも

こんな項目を追加してほしいな!!!(超独断です)

専業主婦育休手当

これは保育士の友人の意見なのですが!←

専業主婦の方こそ本当に手当を出してほしいと感じます。

もも
もも

私は育休中に家事・育児(ワンオペ)を頑張っていますが、手当があるのとないのじゃ感じ方が全く違うと思うんです。

毎日家事・育児と旦那様のお給料で家計をやりくりする日々。

時給に換算すると2000円以上になるんですって。(納得)

自営業育休手当

自営業の方はよく出産ギリギリまで働き、産後もすぐに復職する…という話を聞きます。

職業的にやむを得ないのもあるかもしれませんが、せめて子育てが始まってから2年間だけでも収入面の不安を軽減してほしいなと感じます。

もも
もも

会社みたく起業してから積み立てられるものがあればいいのにね!!

「2年自宅保育制度」か「職場復帰」の選択制度

  • 育休手当を取得しながら2年間自宅で保育
  • 給与は休職前のまま職場復帰

この2択を自分で選べればいいのになと思っています。

育休手当は給与の約6割程度になります。

おむつ代やミルク代、家賃やローンで余裕がないのが現実。

もも
もも

金額を増やしてとは言わないから「ずるい」と言われない選択肢にしてほしいです。

スポンサーリンク

子育て中の不安を軽減したい

育児に専念して3年経ちますが育休手当がなかったら、今よりももっと不安があったと思います。

育児は日々悩みとの戦いです。

毎日いっぱいいっぱいな中に経済的負担がプラスされてしまうと…。

もも
もも

2人目を産もうとは思えなかったかもしれません。

育休手当にかかわらず「優遇」されるということはどうしても「ずるい」という考え方が付きまとうように感じます。

少しでも産みやすくて子育てがしやすい社会になってくれればな…

そう思って記事にしてみました。

もしも、これから先、「私ってずるいのかしら」と感じているママさんに出会ったら。

もも
もも

あなたは全然ずるくないよ!と伝えてあげたいです。

長くなりましたがこの辺で。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

もも
もも

おしゃれになりたいもも@oshamamamomo でした。

この記事が面白かったよ!って方はフォローしていただけますと励みになります!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました