2歳差育児に疲れた!イライラしてもう限界!そんなときに読んでほしい話

子育て
スポンサーリンク

2歳差育児に疲れていました。ももです。

わが子は可愛いはずなのにイライラしてしまう…。感情的に怒ってしまって自己嫌悪。

2歳差育児の限界のギリギリまでいってしまったことがあります。

本日はその時の気持ちや葛藤、乗り越え方を記事にしてみたいと思います。

もも
もも
最初に言います!アナタは一人じゃないよ!
  • 毎日子どもと過ごすことがしんどいと感じてしまっている
  • やる事が多すぎて手抜きをしてしまっていることに罪悪感を感じる
  • 子どもに感情的に怒ってしまう
  • 周りになかなか助けてと言えない
  • 自分はもしかして母親失格?と思ってしまう

こんな状況に当てはまった方。

共感します!なぜなら過去に全て自分が感じてしまったことだから。

スポンサーリンク

2歳差育児に疲れて感じたこと!想像していたよりも何倍も大変だった

私は娘が1歳5ヶ月の頃に2人目を妊娠していることが分かりました。

漠然と2歳差くらいに産みたいなぁなんて独身の頃から思っていた私。

それはそれは嬉しかったです。

妊娠期間中、切迫早産になったりと大変なこともありました無事に帝王切開で出産しました。

2人目は男の子。

もも
もも
一姫二太郎だ~!!!

とにかく嬉しかったのを覚えています。

退院初日に途方にくれる

入院期間は約2週間!(帝王切開だったので長めでした)

傷の痛みと戦いながら、2人目のわが子との時間を堪能していました。

もも
もも
娘とも会いたいし!早く退院したいよ~!

そんなことを思う余裕もありました。

しかし、実際に退院してみると…なんと初日で途方にくれてしまったのです。

育児に自信があって(なぜかは不明)、なんとかなるよね!なんて思っていたのに…

Twitter
  • 数時間ごとに泣く新生児
  • 帝王切開後に台所に立つ大変さ
  • 洗濯や掃除
  • 2歳の娘と新生児の寝かしつけの大変さ
  • 2歳の娘と新生児をお風呂に入れる大変さ

想像していたはずなのに、実は全くできていなかったことに気づかされました。

結果、退院初日にして途方にくれてしまったのです。

理想とかけ離れた孤独との戦い

何より辛かったのは「孤独」でした。

この気持ちは、上の子(娘)の時は感じたことがなかったのでとても戸惑ったのを覚えています。

もも
もも

娘は私が退院したことが嬉しくてとにかく遊びたい!

でも私は、体を休めたい。下の子を寝かせたい。

産後すぐは外出もできません。

必然的に家にこもるようになってしまいます。

24時間子どもと一緒。大人としゃべる機会は遅くに夫が帰ってきてから。

夫と話す内容は結局は子どもの話ばかり。

そして、すぐに泣き出し呼び出される日々。

だんだんと心が閉鎖的になりました。

もも
もも

娘も息子も可愛いし大好き!

なのに、私はいつも疲れていて無表情。

そして、私なんかが2人も子どもを授かるなんて、おこがましかったのかも…なんて思うようになりました。

思えばこの頃、産後うつの傾向もありました。

しかし「自分には無縁」という思い込みとプライドが邪魔をして、素直に周りに甘えることを許さなかったのです。

優しくていつも笑顔の理想のママになれず自己嫌悪

上の子(娘)が生まれたときは決して大げさではなく、世界が一変しました。

日常がキラキラして見えて、娘とだったらどんなことが起きても大丈夫!なんて根拠のない自信もありました。

実際に育児の悩みもほとんどない日々。

毎日お出かけをしてたまにママ友とオシャレなランチをしたり。

キラキラした日々を過ごしていたこともあります。

しかし、2歳差で息子が産まれたあとは悩みばかり増えてしまい、キラキラどころかドロドロの心になってしまいました。

もも
もも

2歳児というとちょうどイヤイヤ期。

そしてまだコミュニケーションも取れない0歳児。

このことを私はまだ理解していませんでした。

やる事は多いのに、娘からは絶え間なく遊びのリクエストがくる。

ようやく洗い物に手を付けたのにお腹がすいたのか泣き出す息子。

 

行動1つスムーズにいかないことがこんなにストレスになるなんて思ってもみませんでした。

気がつけば『いいから早くして!』と娘を急かすことが増え、遊びのリクエストには『ちょっと待って!』と後回しにしてしまう日々でした。

 

もも
もも

あれ?楽しく娘と遊びながら赤ちゃんを抱っこして笑顔でいるはずだったのに。私、何やってるんだろう?

自己嫌悪に陥る日々も多々ありました。

私ってダメなママとレッテルを貼りまくり

その頃の唯一の息抜きがSNSでした。

なかでもインスタグラムは暇さえあれば覗いていたように思います。

しかし、リフレッシュのためのSNSが余計に自分を追い込んでしまうことに…

  • テーマパークで子どもと楽しむママ
  • 手の込んだ離乳食
  • 知育教材を使いこなすママ
  • おしゃれなママルック

インスタグラムで見かけるママたちはみんなおしゃれで楽しそう!

それに比べて私は毎日ほぼパジャマで髪は一つ結びにしてスッピン…

子どものご飯はアンパンマン食材頼り。

知育をしたくても情報収集する気力すら沸かない私には刺激が強すぎました。

もも
もも

他のママはこんなにしてあげているのに、私はなんてダメなママなんだろう。

そうやってレッテルを貼りまくり落ち込んでしまいました。

スポンサーリンク

2歳差育児の限界に気がついたとき

この期間は振り返ってみるとたったの1ヶ月程度だったと思います。

ですが当時はとても長く感じました。

無事に息子の1ヶ月健診が終わり、少しずつ外出頻度が増えていくと閉鎖的で孤独な感情はマシになったように感じました。

 

もも
もも

なんだ~!産後のガルガル期だったのかな??

そんな時、ついに自分が限界ギリギリまで来ていたことを思い知らされることがありました。

放心状態からの大号泣

ある日の夕食を作ろうとしたときの事でした。

散らかりまくったリビングを一緒に片付けようと娘に声かけをしたのです。

娘は2歳でイヤイヤ期。その日は不機嫌でヒステリー気味でした。

案の定、ギャン泣きで大暴れ。

その声に驚き0歳の息子もギャン泣き。

 

プッツーーン

 

2歳児と0歳児の泣き声がリビングに響き渡り耳はキーンとなっています。

そんな時に自分の緊張の糸が切れてしまいました。

 

もも
もも

私だって休みたいし、遊びたいし眠りたい!

なのになんで泣くの??

 

息子は泣きすぎてえづき、娘は私の様子がいつもと違うことから泣き止みました。

そこからはもう床に座り込み、何も考えることも出来ず、ただひたすら放心状態でした。

たぶん1時間くらい。

もも
もも

散らかったおもちゃの中で、床に座り込みボーっとしてる様子はちょっと怖かったと思います。

「ママごめんね、大好きだよ」

その言葉にハッと我に返ったのを覚えています。

半べそをかきながら、小さい手でハグをしてくれました。

そして、泣き疲れて眠った息子のバウンサーの周りにはアンパンマンがたくさん!

娘が一生懸命にあやして泣き止ませようとした痕跡を見つけました。

「ママもごめんね!すぐご飯つくるね!」

そう言いながらもたった2歳の娘に気を使わせてしまった申し訳なさと不甲斐なさ…。

30歳を超えてこんなに泣けるんだというくらい、大号泣してしまいました。

思えばこの日が、2歳差育児の限界を迎えた日だったように思います。

 

振り返ると「放心状態」で済んでいて本当に良かった。

カッとなって手をあげてしまっていたら…果たして理性がきいたか分かりません。

もも
もも

この頃から虐待のニュースを見るたびに胸がギュっとなります。

遠い場所の出来事に思えていたのに、急に自分の身近にきたような…。

そんな感じでした。

スポンサーリンク

2歳差育児にもうイライラしない!疲れない!ラクをする決意

2歳差育児の限界に気がついてから、まずは自分がラクになる育児をしようと決意しました。

  • 静かになりたいとき、疲れたときは1日に何度もyoutubeに頼ってよし
  • おかずはレトルトだってOK!
  • 週に1度は一人で外出する。(用事がなくても)
  • 掃除は月1回でもOK!家電の力を借りまくる

これを決めるだけでかなり気持ちがラクになりました。

娘がまだ一人っ子だったときはyoutubeをなるべく見せないよう気を使っていたし、掃除はきちんとしていました。

子どもが増えてもなお、同じ事をしようとすると自分に無理がきて心が閉鎖的になることが分かりました。

もも
もも

娘も私が無表情でいるより、笑顔でいるほうがはるかに楽しそう!

今では、時々疲れたりするものの2人同時のギャン泣きにも慣れてきましたしそれをツイッターでつぶやく余裕も出てきました笑

 

2歳差育児はラクしよう!というキャッチコピーを自分で掲げてからは毎日が楽しいです。

スポンサーリンク

2歳差育児に疲れてしまったあなたへ

ここまで読んでくださった方本当にありがとうございます。

そして、毎日本当にお疲れ様です。

今回は私の経験談ですので2歳差育児に限定してしまいましたが、イライラして疲れてしまうことは子どもの人数や年齢、一切関係がありません。

 

もも
もも

疲れた!イライラする!限界!

そう感じたら、それは間違いないのです。

無理をしないで今自分のなかで制限をかけていることがあったら一度解除してみるのもいい方法だと思います。

もも
もも

そりゃみんないいお母さんになりたいもんね!!

いろんなこと頑張りたいよね!愛するわが子のためだもの。

でも子どもにとっての嬉しいことはやはり「ママが元気で笑っている」ことなのだと思います。

どうかご自分が少しでもラクに笑顔になる方法を考えてみてくださいね。

もも
もも

2歳差育児…。どうなることかと思ったけどやっぱり楽しい!

ママでいられるのは人生のうちで一瞬だと言いますよね。

一緒になるべくラクして笑顔で頑張りましょうね。

 

それではこの辺で。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

もも
もも

おしゃれになりたいもも@oshamamamomo でした。

この記事が面白かったよ!って方はフォローしていただけますと励みになります!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました